読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満腹すぎて愚痴が止まらない

朝からありえない食欲で自分自身でも引いている。白米2杯にマーガリン塗ったくったトーストを2枚とウインナーとミートボール。

胸の下から腹がふくれている。妊娠しているからでもあるけれど、いやーーーー引く。

 

 

昨夜は初めての筑前煮。

味はバッチリ、だけど何かが足りない…


f:id:caffeumum:20170411084713j:image

絹さや…

最初はこんなもんでしょう。良し。

 

旦那が帰宅し冷蔵庫見るなり、使っていない鮭の切り身に対して小言。「勿体ない」「今から焼く」はぁーーーー!?(笑)こっちは毎日健康のためにご飯を作ってるのにも関わらずその発言はやばい。鮭はあなたの母親が勝手に持ってきたものでしょうが。

 

それからお風呂中、「元カレから連絡きてるん?」はぁーーーー!?いつの話だよ!!結婚して子育ても家庭のことも精一杯やりこなす中で新しい命も自分のお腹に宿っているのにも関わらず、元カレの心配…引いたら…本当に引いた…。確かに、確かに私には2年付き合った人がいたけれど旦那と仲良くなる前に別れている。この人といろいろあったけれど、自分で何とかして終わらせた。それに嘘はない。旦那と私は10歳の歳の差があるし心配になるんだろうけらど、私は精一杯今を生きてこの家族の矯めに生きているのに…本当に嫌。

 

共に前妻と育ててきたんだろうけれど、私からしたら甘やかされてやるべきことも、感謝の気持ちも、親のありがたみも分かっていなかった子供たち。父親としての威厳はなかった。私だっていきなり3人の親になって、とりあえず、食生活、私生活、そこから手を出そうと思って生活をしてきたつもり。いつのまにか実の父親より過ごす時間が多くなり「お母さん」と呼んでくれるようになり、何がダメで、何が良いのか、人の気持ちってどういうものなのか、私自身が親から言われたことを3人の子供たちに伝えていくことが増えて、3人で仲良く遊ぶ事が多くなった。喧嘩はとてつもなく多いけれど。

 

息子二人も長女もとても感受性が豊かで心優しい。

 

旦那は気に入らないことがあると屋内外構わず大声で怒鳴る。ネコの糞で怒鳴る。偏見、差別的な発言もする。はっきりいって最低。それを子供たちに見られたくない。

 

父親というのは名前だけ、なりきれてない。

 

っていう愚痴。